Toyota Motor Europe 品質活動ポスター

読む人により、メッセージ、指示や説明文は様々な解釈の仕方があります。毎年実施される品質キャンペーンの一環として、トヨタは日々の内部コミュニケーションを例に各自の「認識の相違」について熟考しました。その中で我々ITP Europeがポスターデザインの提案依頼をいただきました。 お客様が期待される結果やお客様のビジョンとギャップが存在し、製品公開の遅延や予算超過につながることがある。

Toyota Nordic

北欧のディストリビューターは、コストと作業量の削減を目指し、自動車の資料作成と配布プロセスを集約・調整するためのパートナーを探していました。 自動車の資料を集約的に生産および配布するにあたっての要件は次のとおりです。 コスト効率のよい翻訳/DTPプロセス(既存コンテンツの再利用) Webベースの発注ツールを利用したシンプルな発注プロセス 中央ハブへのジャストインタイム配送 アフターセールス発注用のオンデマンド印刷システム

Toyota nordic - ITP Europe

Océ printer software localization

キヤノン株式会社が2010年に買収したオセ社は、印刷・コピー用ハードウェアおよび関連ソフトウェアの開発・製造・販売を手がけるオランダの企業です。キヤノン株式会社の規格に従ってコンテンツを日本語にローカライズするにあたり、ITPヨーロッパが支援の依頼を受けました。 不十分な翻訳品質。 用語が統一されていないため、品質と一貫性に問題がある。 データが翻訳に適した状態ではなく、ファイル形式も入り混じっている(ITD、TSXML(クライアント固有のXML、HTML))。

LOCALIZATION OF OCÉ PRINTING MANUALS - ITP Europe

Toyota High Volume Localization

トヨタはリーン生産方式でその名を知らしめた世界第3位の自動車製造業者です。何十種にもおよぶモデルのメンテナンスを預かるトヨタのサービスセンターには、最新かつ正確で、簡単にアクセス可能な修理・整備情報が必要です。トヨタの技術文書に構造化オーサリングを適用 するにあたり、並行して行われるローカライゼーション作業の頼れるパートナーとして選ばれたのがITPでした。 品質を落とすことなく、かつてなく厳しい納期に間に合うよう大量の翻訳を行う マニュアルの版数が連続する場合や関連文書である場合、訳文を統一する 顧客特有の翻訳に関する指示やローカライゼーションルール(度量衡単位、数字の表記等)を厳守する コンテクスト的に正しい翻訳を実現する 技術および文書体系の変更に対応する

TOYOTA High Volume Localization - ITP Europe

Toyota service marketing identity

顧客満足と高品質な修理を実現するTSM(トヨタサービスマーケティング)は、世界中のトヨタの強みのひとつとなっています。ヨーロッパを舞台にした今回の挑戦は、TSMをトヨタの修理ネットワークの隅々まで展開し、汎ヨーロッパ的に品質本位の製造業者ネットワークを構築することです。TSMはトヨタのアフターセールスビジネス分野の包括的な修理店開発プログラムです。このプログラムは、認定修理店ネットワークの継続的な向上を目的としたものであり、最終的な目標は、エンド顧客に比類なきオーナーシップ体験を提供することです。同時に、最高レベルの効率と堅実な利益の達成も可能になります。 TSMプログラムと関連公表物に明確なアイデンティティを定義する 公表物のデザインやコンテンツの構成を工夫し、ローカライズしやすくする その国固有の公表物(トヨタネットワークで使用される特定のコンテンツやツール)作成にあたり、現地マーケットを支援する

Toyota on-board system localization

トヨタ自動車株式会社は、世界ランキング第3位につけている日本の自動車製造業者です。ITPはトヨタよりナビゲーションシステムのコンテンツのローカライゼーションを委託されました。 他の資料で使用されている用語との統一(取扱説明書、オーディオシステム等)。 ナビゲーション画面では文字を表示できるスペースが非常に限られているため、それに併せて表現をすべて簡潔に、かつ分かりやすく自然にする必要がある。 ユーザーエンド製品に対しては徹底的な品質チェックが必要。確実を期すために、車内と似た環境でナビゲーション画面をシミュレートする品質保証チェックが必須となる。

Toyota on-board system localization - ITP Europe

Subaru Sales App Development

スバルは富士重工業株式会社(FHI)の自動車部門です。富士重工業株式会社は多角的な輸送設備製造業者であり、スバル自動車部門、航空宇宙カンパニー、産業機器カンパニーの3部門を柱にグローバルな活躍を見せています。スバルヨーロッパは、スバルの販売店で顧客とのセールスプロセス中に必要なコンテンツを集約・表示するiPad用iOSアプリ開発のパートナーを探していました。このアプリは第一段階としてベネルクス3国向けに開発し、その後ヨーロッパ各国に展開していく予定となっていました。 スバルのセールス&マーケティング関連コンテンツはさまざまな場所(オンラインや紙媒体)に分散しており、セールス担当が必ずしもすぐ手にできる場所にない。新モデルの紹介やセールス支援用印刷物の更新の簡易化。国やユーザー固有のコンテンツを表示するための柔軟な構造が必要。